廃棄物からJIS(日本工業規格)製品をつくっています

TEL.0568-38-0010
お問い合わせ
優良産廃処理業者認定

トップページ > CO2を出さない処理、大和エネルフの技術

CO2を出さない処理、大和エネルフの技術

廃棄物を再資源化するための準備処理は、大きく分けて、

  1. 分析(廃棄物の組成分析)
  2. 選別(廃棄物を品目ごとに分別)
  3. 破砕(製品加工にするため微小化)

の3ステップが存在します。
ここでは、それぞれのステップにおいて大和エネルフがどのような取り組みを行い、そしてCO2削減へと結びつけてるかご説明いたします。

 

STEP1 : 分析

大和エネルフでは、一般財団法人 日本規格協会から認定を受けた品質管理責任者2名が在籍。
お客様から受領した廃棄物を分析し、環境負荷のない高品質な再資源品へ再生するための第一歩を踏み出します。

co2_02

物質の特性を見極めます!

赤外分光光度計(Thermo FT-IR is5)

  • お客様からお預かりした廃棄物の組成を細部まで分析します。
  • 組成にあったリサイクルが可能になります。
  • 多種多様な廃棄物を多くの検体の中から検出します。
co2_01

原料・製品を徹底管理!

蛍光X線分析装置(SII SEA1000AⅡ)

  • お客様からお預かりした廃棄物の塩素濃度や環境負荷物質などを測定します
  • 製造した再資源品の塩素濃度を測定し品質管理をします
  • エンドユーザーの求める基準値を管理します

大和エネルフ㈱の分析システム

  • 排出者さまが廃棄物の詳細を把握することをサポートすることにより、循環型社会を実現します。
  • 自社で製造する再資源品の品質を分析・管理している為国内で数多くのエンドユーザーに出荷しています。

分析表0831 (1)

STEP2 : 分別

5hinmokuあらゆる廃棄物がより質の高い再資源品へと生まれ変わるためには、精度の高い分別が重要になってきます。
当社では、廃棄物を5つの品目へ徹底した分別を実施。この処理を司るのが、循環推進センター(処理能力:2,160t / 月・最大)です。

STEP3 : 破砕

循環推進センターでは、分別された原料(廃棄物)の破砕も行います。
特に、大型2軸破砕機(能力 : 72t / 日)で徹底破砕してエコ原料を抽出することにより、より質の高いエコ原料の生産を可能にします。

もちろん破砕処理ですので、CO2排出量はゼロ。安易に焼却するのではなく、徹底した分別、そして破砕という「手間」をかけることにより、地球環境へも大きく貢献します。
このエコ原料はその後、資源エネルギー研究所へ運ばれ、安定したエネルギー資源として再生されます。

このページのトップへ