廃棄物からJIS(日本工業規格)製品をつくっています

TEL.0568-38-0010
お問い合わせ
優良産廃処理業者認定

トップページ > 第2施設 : 資源・エネルギー研究所(エコ商品製造施設)

第2施設 : 資源・エネルギー研究所(エコ商品製造施設)

ゼロミッション(最終処分”ゼロ”)を達成するための再資源品製造施設です。 国内最大級の「1軸破砕機」を導入しており、数多くの品目の取り扱いが可能です。 ( 面積 : 2,973㎡ )

春日井市明知町頓明1510-45
FAX 0568-93-0081
産業廃棄物処分業保管施設

産業廃棄物処分業保管施設

事業場の名称 大和エネルフ株式会社
連絡先 0568-37-0010 管理者 下別府 正樹
所在地 春日井市明知町字頓明1510-45 事業の区分 圧縮、押出成形、減溶固化、破砕
産業廃棄物の種類 ≪圧縮≫
廃プラスチック類(自動車等破砕物及び石綿含有産業廃棄物を除く。)、紙くず(水銀使用製品産業廃棄物を除く。)
≪押出成形≫
汚泥(水銀含有ばいじん等を除く。)、廃プラスチック類(自動車等破砕物及び石綿含有産業廃棄物を除く。)、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず(水銀使用製品産業廃棄物を除く。) ≪減溶固化≫
廃プラスチック類(発泡スチロール類に限る。)(水銀使用製品産業廃棄物を除く。)
≪破砕≫
廃プラスチック類(自動車等破砕物及び石綿含有産業廃棄物を除く。)、木くず、紙くず、繊維くず、ゴムくず、金属くず(自動車等破砕物を除く。)、ガラスくず・コンクリートくず(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものを除く。)及び陶磁器くず(自動車等破砕物及び石綿含有産業廃棄物を除く。)、がれき類(石綿含有産業廃棄物を除く。)
(上記品目は、水銀使用製品産業廃棄物を除く。)
中間処理施設の能力 ≪圧縮≫
廃プラスチック類(自動車等破砕物及び石綿含有産業廃棄物を除く。)【123.6t/日】、紙くず 【242.664t/日】
≪押出成形≫
汚泥(水銀含有ばいじん等を除く。)、廃プラスチック類(自動車等破砕物及び石綿含有産業廃棄物を除く。)、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず【83.52t/日】
≪減溶固化≫
廃プラスチック類(発泡スチロール類に限る。)【2.4t/日】
≪破砕≫
廃プラスチック類(自動車等破砕物及び石綿含有産業廃棄物を除く。)【35.478t/日】、木くず【55.782t/日】、紙くず【38.502t/日】、繊維くず【22.302t/日】、ゴムくず【54.486t/日】、金属くず(自動車等破砕物を除く。)【99.306t/日】、及び陶磁器くず(自動車等破砕物及び石綿含有産業廃棄物を除く。)【74.358t/日】、がれき類(石綿含有産業廃棄物を除く。)【120.042t/日】
(上記品目は、水銀使用製品産業廃棄物を除く。)
保管の高さ 該当なし 保管上限量 294.651㎥
施設概要
iso14001
施設の規模

  • 敷地面積:2,973㎡
  • 処理棟:1,453㎡
  • 管理棟:68㎡

環境への配慮と取り組み

  • 建築基準法第51条許可取得
  • 環境アセスメント実施
  • ISO 14001認証取得工場
第2施設:資源エネルギー研究所(内観)
【大型破砕機導入】
ichijiku
  • 日本国内で最大級の大型一軸破砕機を導入。一目で圧巻させられる機械です。
  • 軟質系・硬質系の双方ともに威力を発揮する大馬力の油圧ユニットが特徴です。
  • 大型機械にもかかわらず、6cmの形状まで徹底破砕する優れものです。
ロール状フィルム切断機(150t)

破砕機では不可能だったロール状フィルムも強力な150tプレス切断機の導により、「プラスチック資源と紙資源」として生まれ変わらせます。

このページのトップへ