廃棄物からJIS(日本工業規格)製品をつくっています

TEL.0568-38-0010
お問い合わせ
優良産廃処理業者認定

トップページ > 第1施設 : 循環推進センター(中間処理施設)

第1施設 : 循環推進センター(中間処理施設)

未来の資源である廃棄物を再生し、資源・エネルギー製品として世に送り出すためには、「徹底した分別」というステップが不可欠が必要です。
その機能を司るのがココ、大和エネルフの「循環推進センター」です。
( 面積 : 1,730㎡ )

春日井市明知町頓明1510-1
TEL0568-88-2455
FAX0568-88-2450
産業廃棄物処分業保管施設

産業廃棄物処分業保管施設

事業場の名称 大和エネルフ株式会社
連絡先 0568-37-0010 管理者 下別府 正樹
所在地 春日井市明知町字頓明1510-1 事業の区分 破砕
産業廃棄物の種類 ≪破砕≫
廃プラスチック類(自動車等破砕物及び石綿含有産業廃棄物を除く。)、ゴムくず、金属くず(自動車等破砕物を除く。)、ガラスくず・コンクリートくず(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものを除く。)及び陶磁器くず(自動車等破砕物及び石綿含有産業廃棄物を除く。)、がれき類(石綿含有産業廃棄物を除く。)
(上記品目は、水銀使用製品産業廃棄物を除く。)
中間処理施設の能力 ≪破砕≫
廃プラスチック類(自動車等破砕物及び石綿含有産業廃棄物を除く。)【42.72t/日】、ゴムくず【66.16t/日】、金属くず(自動車等破砕物を除く。)【65.36t/日】、ガラスくず・コンクリートくず(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものを除く。)及び陶磁器くず(自動車等破砕物及び石綿含有産業廃棄物を除く。)【50.16t/日】、がれき類(石綿含有産業廃棄物を除く。)【68.48t/日】
(上記品目は、水銀使用製品産業廃棄物を除く。)
保管の高さ 該当なし 保管上限量 232.915㎥
第1施設:循環推進センター(内観)
public_aichi1_01

ご契約された企業様から排出された廃棄物に、大和エネルフが処理業者として携わることで、お得意様にハイレベルでの「安全」・「迅速」そして「確実な処理」をお約束致します。

施設概要
産業廃棄物処分業としての許可
  • 愛知県許可番号: 第2320004697号
  • 設置許可:6令春保409-1号
  • 建築基準法第51条許可:6令春建1-1号
施設の目的
  • 埋立地の延命化
  • 企業秘密の漏洩を防止
  • 廃棄物の減容積
  • 処理責任の確立
環境への配慮と取り組み
  • 建築基準法第51条許可取得
  • 環境アセスメント実施
  • ISO 14001認証取得工場
破砕によるメリット
public_aichi1_02

新規開発における商品の試作品や不良品等の企業秘密が原型のまま放置、埋立されるといった事態は絶対に避けなければなりません。

こうしたトラブルを回避するため、循環推進センターでは、これら商品の原型をとどめぬまで破砕。産業廃棄物に関わる企業責任を一切解消しています。

弊社の”循環推進センター”は最終処分場の埋立前処理施設としても一役かっています。

限られた環境を守ることのできる、地域に大いに貢献させて頂ける施設です。

フローシート
循環推進センターフロー図

このページのトップへ