廃棄物からJIS(日本工業規格)製品をつくっています

TEL.0568-38-0010
お問い合わせ
優良産廃処理業者認定

トップページ > 産業廃棄物と一般廃棄物の違い

産業廃棄物と一般廃棄物の違い

inoue2015031

【本部長 井上 明彦】

皆さまこんにちは。営業部の井上です。これから定期的に皆さまが疑問に思っていたこと、意外と知らなかった廃棄物に関することなどをアップしていきます!!
今回は、「産業廃棄物」と「一般廃棄物」の違いについて説明します。

・産業廃棄物とは

事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、「燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類その他政令で定められる20種類の廃棄物」及び、「輸入された廃棄物」

・一般廃棄物とは

  上記以外の廃棄物を一般廃棄物といい、産業廃棄物として規定されない事務所などから排出される紙くずや段ボール、飲食店からの残飯、小売店からの野菜くずなどは「事業系一般廃棄物」、家庭での日常生活から排出される紙くず、段ボール、残飯、野菜くずなどは「家庭廃棄物」と呼ばれています。

一般廃棄物については、家庭ごみ、事業系一般廃棄物ともに、廃棄物が発生した区域を管轄している市町村が「一般廃棄物処理計画」を策定し、統括的に処理する責任があります。事業系一般廃棄物の処理に関しては、各市町村が、条例や処理計画、指針等を独自に定めています。

各自治体によって処理方法が異なるので、ご不明な点は、大和エネルフにお気軽にお問合せ下さい!

このページのトップへ