未来にいいこと!お客様の廃棄物からエネルギーと資源をつくります。

Enelf

営業エリア営業エリア

0568-37-0010

お問い合わせはこちらから

トップページ > 大阪市発注工事でマニフェスト偽造の疑い!!

大阪市発注工事でマニフェスト偽造の疑い!!

2018年6月30日

 

顔 長谷川甲

【営業部  長谷川】

皆さまこんにちは。大和エネルフ営業部の長谷川です!今回は大阪市が発注した工事の産廃処理で不正が見つかり、大阪市が調査を始めたという事例をご紹介致します。

 大阪市は、市発注の上下水道管の工事に伴う産業廃棄物の処理をめぐり、業者の提出したマニフェストに偽造の疑いがあることが判明したと発表しました。

4月に外部からの情報提供を受け、平成28年度の市発注工事のマニフェスト計5万5千枚から抽出調査をしたところ、550枚のうち316枚で偽造の疑いが見つかりました。偽造の内容はマニフェストに記載された業者が実際には処分に関わっていないなどで、不法投棄の疑いもでてきました。

産廃物処理をめぐるマニフェスト偽造は6月に堺市でも判明しており、大阪市は廃棄物処理法違反での告発も視野に業者への調査を進める方針です。

今回のこの事件は行政を相手にマニフェストの偽造を行い、実績より多い金額を請求していたそうです。行政を相手に不正を行うという、信じられない行為ですが、このような業者がいるのも事実です。皆様も月に1回はマニフェストの記載内容とご請求金額の確認を行う事が大切です。

大和エネルフ㈱ カスタマーセンター 0568-37-0010

 

「廃棄物管理責任者」に関する情報

>一覧を見る

最新情報

>一覧を見る

タグから情報を選択

 

このページのトップへ