未来にいいこと!お客様の廃棄物からエネルギーと資源をつくります。

Enelf

営業エリア営業エリア

0568-37-0010

お問い合わせはこちらから

トップページ > 産業廃棄物処理業者の格付け制度

産業廃棄物処理業者の格付け制度

2018年3月31日

 

顔 長谷川甲

【営業部  長谷川】

 皆さまこんにちは。大和エネルフ営業部の長谷川です!!今回は、山梨県で今年の6月から始まる、産業廃棄物処理業者の格付け制度についてご紹介します。

山梨県は、今月の26日に行われた、環境保全審議会で、産業廃棄物処理業者を県が格付けして公表する制度を今年の6月から導入する事を報告しました。今回この産業廃棄物処理業者の格付け制度の狙いは、安全や環境などが評価基準で適正な処理に向け業界全体の底上げになります。格付け対象となる業者は、県内に事業所がある処分業と収集運搬業合わせておよそ800社で、3年以上の処理実績や過去5年間に事業停止命令を受けていない事が条件となります。

格付けは星印の数で示され、1つ星からはじまり最高ランクは4つ星を事業許可証に表示します。評価基準は定期的な事業所周辺の環境調査にはじめ、苦情窓口の設置や地域活動などおよそ30項目になります。環境部の河西課長補佐は、「排出業者により良い業者を選んでもらうことで、廃棄物の適正処理につながることを期待する。」と発言されました。格付けの認定は今年の6月から申し込みのあった業者に対して行われ、許可証へのまーく印刷や県のホームページで公表するようです。

私は、今回の山梨県の制度が上手く運営されれば、この制度が全国に広がり、産業廃棄物処理委託取引の一つの基準になっていくのではないかと思います。行政が、民間の業者の格付けをするという制度は、建設業界でも飲食業界でも製造の業界でも聞いたことがありません。処理の過ちが、周りの環境へも影響してしまう我々の業界だからこそ、行政がこのような制度を設けてまで業界全体の底上げに取り組むのだと思います。

大和エネルフ㈱ カスタマーセンター 0568-37-0010

 

「廃棄物管理責任者」に関する情報

>一覧を見る

最新情報

>一覧を見る

タグから情報を選択

 

このページのトップへ