未来にいいこと!お客様の廃棄物からエネルギーと資源をつくります。

Enelf

営業エリア営業エリア

0568-37-0010

お問い合わせはこちらから

トップページ > 蛍光灯の処理基準が変更!「水銀使用製品産業廃棄物」の新たな取り扱い方法について

蛍光灯の処理基準が変更!「水銀使用製品産業廃棄物」の新たな取り扱い方法について

2017年9月30日

IMG_1922

【営業部 岩花 真佑】

皆さまこんにちは。大和エネルフ営業部の岩花です!!今回は、弊社でもお客様からのお問合せが多い、!「水銀使用製品産業廃棄物」の処理基準の法改正についてご説明致します。

平成29年10月1日より、水銀使用製品産業廃棄物処理基準が変更されます。それでは、どのように変更されるか、見ていきましょう。

収集運搬(積み替え保管)
・破砕の防止措置(運搬時、保管時に割れないようにする)
・他の物との混合禁止(仕切りや容器によって区分する)

処分
・大気中への飛散防止措置
・環境大臣が定める方法で水銀回収(環境省令で定める割合以上に水銀を含むもの)
・安定型への埋立禁止

以上のように変更になります。
大和エネルフでは、取り扱いできるのか、というご質問をよくいただくのですが、結論はできます
ただし、専門の処分場でのリサイクルとなりますので、新たなご契約が必要となります。

これから、蛍光灯の処分業者をお探しの方、今現在ご利用いただいてるお客様の皆様、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい!!

            大和エネルフ㈱ カスタマーセンター 0568-37-0010

 

「廃棄物管理責任者」に関する情報

>一覧を見る

最新情報

>一覧を見る

タグから情報を選択

 

このページのトップへ